« バタバタッ! | トップページ | E-5 本領発揮! »

2011年11月15日 (火)

お気に入りの組写真

相変わらず、土日は立山に出撃し、その反動からか、昨日は疲れて、寝てしまいました・・・

立山室堂のライブカメラ(モバイル版もあり)を見ると、真っ白になっていたので、
いよいよ、本格的な冬山シーズンを迎える事になりそうです
(あと、2~3回、立山に行く事が出来ればいいのですが)

本文:今回の撮影で、非常に気に入った組写真をUPします。

幼鳥2羽が、まったりと休息している

Pa068721s_r

後ろに、何か気配が・・・

Pa068722s_r

Pa068724s_r

なんだ?

Pa068726s_r

Pa068731s_r

なに? なに?

Pa068734s_r

Pa068735s_r

なんだよ~

Pa068738s_r

Pa068743s_r

E-5 + ED 150mmF2(F4まで、絞ったのが功を奏したか)

お知らせ:LINKに、「ささやかなオリfan」を追加しました。

« バタバタッ! | トップページ | E-5 本領発揮! »

ライチョウ ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

立山は雪が深くなってきた様子ですね。
毎日立山連峰を見ることができるなんて、幸せですね。

ライチョウが次々に現れてかわいいですね。
ライチョウの目の上が朱いことを今発見しました。

私はきょう、セキレイを1羽見ただけです。

エリス さん、初コメントありがとうございます。

北アルプスの周辺自治体では、その地域ごとに見る事が出来る山やアングルに違いがあって、
なかなか面白いです(山に疎い私でも、槍ヶ岳と笠ヶ岳は、シルエットでわかります)

R148沿いから望む、後立山連峰(白馬岳~鹿島槍ヶ岳)の山並みもなかなかの物でした。

ライチョウの赤い部分は、雄はよく目立ちますが、雌は目立たないので、気付かない人も多いですよ。
(これも、オフシーズンにネタとして使う予定です)

リンクとライチョウの目の事を教えていただき、ありがとうございました。
私の方へもリンクをもうけたいのですが、うまくできるかどうか、調べてからおこないます。


おすとメスで目の上の赤みが違うのは、初めて知りました。
立山は、黒部ダムと併せて、とにかく好きな場所です。

あとは白川郷もすきですが。

自分としては、日本アルプス沿いの場所が、古代の地殻変動を思い起こさせるので、
とてもドラマティックで好きなんだと思います。

うちからは富士山や箱根が見えますが、氷河期の残りの生物はいないので、
立山は本当にうらやましいです・・。

エリス さん、こんばんは。 なかなか深いコメントですね。

富士山は独立峰で、高度的にも、森林限界を大きく超えますから、
生物が棲むには、条件的に厳しいと思います。

かつて、ライチョウを富士山に放鳥したそうですが、数年で絶滅したそうです。
(ハイマツ帯がなかったのが、大きな原因だと思います)

氷河と言えば、日本アルプスには圏谷(カール)が沢山ありますね。
立山と剣岳の雪渓に、氷体が見つかり、日本最初の氷河ではないかと言われています。

黒四ダムと白川郷は行った事がないです。 
あと、黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)も乗った事がないです。 
(たまに、立山黒部アルペンルートと、トロッコ電車を混同する人が居ますが、全くの別物です)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの組写真:

« バタバタッ! | トップページ | E-5 本領発揮! »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ村

ジオターゲティング

無料ブログはココログ